長谷寺

近田山 長谷寺。三重県津市にある臨済宗相国寺派寺院。歴史や藤堂高虎公ゆかりの石仏等の紹介。伊勢西国第十五番札所

長谷寺 〒514-0077 三重県津市片田長谷町230

近田山 長谷寺 - きんでんざん ちょうこくじ

 長谷寺(ちょうこくじ)は、三重県津市にある臨済宗相国寺派に属する寺院です。山号は近田山(きんでんざん)。大和の長谷寺を模したものとして多気郡多気町にある真言宗山階派の近長谷寺に対し遠長谷寺とも呼ばれております。

 津市街の西方にある長谷山の南西中腹に位置し、麓の長谷町から続く参道を上りつめたところに毘沙門天と六観音の石仏があります。これは藤堂高虎公が文禄年間に大陸よりもたらしたものと伝わっております。


山号 : 近田山(きんでんざん)

寺号 : 長谷寺(ちょうこくじ)

宗派 : 臨済宗相国寺派

本尊 : 十一面観世音菩薩

住職 : 髙山 宗親

住所 : 三重県津市片田長谷町230
このエントリーをはてなブックマークに追加