長谷寺

近田山 長谷寺。三重県津市にある臨済宗相国寺派寺院。歴史や藤堂高虎公ゆかりの石仏等の紹介。伊勢西国第十五番札所

長谷寺 〒514-0077 三重県津市片田長谷町230
行事

祇園会

本日、長谷寺本堂において祇園会が行われました。
敬愛会の利用者さんと職員さんが参加され皆の健康を願いました。

灌仏会

2014-04-08 07.39.10 (2)

本日敬愛会の春まつりに合わせて長谷寺本堂にて灌仏会が行われ、
まつりの招待者並びに敬愛会の利用者さんや職員さんに多数ご参加いただきました。

昨年は春の嵐で大荒れだった春まつりでしたが今年は天気も良く
模擬店で購入した昼食を食べながら踊りやマジックショー、
バンド演奏などを皆さん楽しまれたようです。

観音会式

平成25年8月9日

本堂にて観音会式が執り行われました。

敬愛会からも利用者さんと職員の皆さんに参加していただきました。
観音会式にあわせて毎年敬愛会の夏まつりが実施されます。

祇園会

祇園会が行われました。当日は敬愛会の各施設の利用者さんや職員さんも法要に参加されました。

灌仏会

4月6日(土)社会福祉法人敬愛会の春まつりがあり、長谷寺本堂で灌仏会が行われました。

長谷寺では毎年敬愛会の春まつりにあわせて灌仏会を行っております。

当日は春の嵐が吹き荒れあいにくの荒れ模様でしたが、

春まつりの招待者及び敬愛会関係者の方々が灌仏会に参加していただきました。

平成十五年御開扉大法要

平成15年5月18日に御開扉大法要が行われました。


vw_0

相国寺派 有馬頼底管長猊下


vw_2

開扉法要


vw_3

相國寺管長猊下御親修
拈香、香語


 

vw_1

総供養「藤堂家、歴代総代、奉讃各家供養」

写真中央奥は長谷町の献米


 

vw_5vw_6

御詠歌(井戸町御詠歌講)


 

平成十五年御開扉大法要-稚児練供養

200305_chigo__0200305_chigo__1

長谷町地蔵前より稚児行列が出発しました。0歳から9歳の男女約100名が参加していただきました。


200305_chigo__2

長谷町内を歩く
当日は天候に恵まれ、約700mの道中を元気よく歩く姿が見られました。


200305_chigo__3200305_chigo__4

境内へ到着
境内へ到着すると、稚児行列を待っていた人々の拍手や到着した子供の歓声などでにぎやかになりました。


200305_chigo_5200305_chigo__6

堂内を練り歩く稚児行列
幼いときにお稚児さんに出仕すれば清らかな「ほとけ」の徳をいただき、男の子は凛々しく賢い強い子に、女の子は天女のような美しい姿に成長すると古来より言い伝えられております。


200305_chigo__7

参加人数が多く3回に分けた記念撮影。

平成十五年御開扉大法要-献米奉納

地元の片田長谷町から献米奉納がありました。

200305_kenmai_0

長谷町からみこしで献米
長谷町の男衆総出で米俵3俵を載せた重さ200kg以上のみこしを、ふもとの長谷町から長谷寺境内までの距離約700m、標高差約100mを担ぎ上がりました。


200305_kenmai_1
200305_kenmai_2

道路から参道へ入り、道幅一杯のみこし。境内手前の急坂の石段(約100m)では、道幅一杯のみこしを巧みに操り、無事境内まで駆け上がりました。


200305_kenmai_5

参道を駆け上がり本堂前に到着


200305_kenmai_4
200305_kenmai_3

大きなかけ声で、みこしを勢いよく回す。無事到着し、男衆にも笑みがこぼれます。

地域のテレビ、新聞でも取り上げられ、18年に1度の祭りとして紹介されました。


200305_kenmai_6
200305_kenmai_7

最後の見せ場、男衆の代表が重さ約60kgの俵を担ぎ本堂内へ運びます。勢いよく担ぐ姿に周りから大きな拍手が起こりました。

献米奉納をすることについては、当寺の堂谷から湧き出る霊水が長谷町へ流れ、その水のおかげで田畑が実ることとされ、観音様への感謝の気持ちとして、御開扉にお米を献上してきました。